【フィールド】アートの島

 今回は船旅です。アートの島「豊島(てしま)」をご紹介。穏やかな瀬戸内海の香川県と岡山県の中間あたりに位置する島です。
その台地は花崗岩を基盤にし、「豊島石」と呼ばれているやわらかい凝灰岩と、硬い安山岩からなっています。

1547419778894.jpg

島に降る雨はこれらの岩を通して浄化され、島の中央にそびえる標高約330メートルの檀山に蓄えられ、おいしい水となってふもとの集落に届けられます。島を巡ると、いたるところに田んぼや田んぼであった場所があり、その傍らには貯水池を見ることができます。
 過去には産業廃棄物の問題もあったとのことですが、現在はアートの作品が点在するとてもすばらしい(RPG的な)島です。

1547419740416.jpg

 岡山県宇野港からフェリーに乗って1時間弱で到着します。電動のレンタサイクルも整備されていてブラブラと島めぐりです。最初に感じたのは「時間がゆっくり流れている・・・」ということ。大きな島ではないので自転車でも1日あるとだいたい一周できます。

1547419770491.jpg


 特におすすめなのが、豊島美術館です。入場料は少しお高めで、絵画などが展示されているわけではありません。あまり詳細をお伝えすると驚きを薄めてしまいそうなので少しだけ・・・感じたのは空間と風と水の流れを感じれる場所でした。正直今まで訪れた美術館の中で一番インスピレーションを受けました。RPGが好き、非日常が好きな方は本当に楽しめると思います。

1547419735261.jpg

1547419719939.jpg


 他にもたくさんのアートが島に散りばめられています。マップ手に島を散策するのは、まさにクエストといった感じでした!訪れる方は、島にはコンビニやスーパーは見かけなかったので、アイテムは本島である程度準備していくのがよいかもですね!

1547419762087.jpg

1547419765347.jpg

この記事へのコメント

最近のトラックバック